ディスクユニオンシネマ館 映画 店舗 DVD BLU-RAY サウンドトラック

   

『映画よ憤怒の河を渡れ』出版記念トークイベント 2018年12月11日(火)

 
 
映画監督 佐藤純彌『映画よ憤怒の河を渡れ』出版記念トークイベント

【NEWS】佐藤東弥監督にお越しいただけることになりました!


『新幹線大爆破』『人間の証明』などプログラムピクチャーから超大作映画まで数々の作品を手掛けた佐藤純彌
超ロングインタビューを敢行した「キネマ旬報」人気連載の単行本化を記念した一夜限りのトークベント。


【出演】
野村正昭・増當竜也(映画監督 佐藤純彌『映画よ憤怒の河を渡れ』聞き手)・関根忠郎(映画惹句師)・佐藤東弥(映画監督)※11/28追記
  

【日時】
2018年12月11日(火)
時間:OPEN 19:00 / START 19:30
料金:1ドリンク600円(当日は「イベント参加券」を忘れずにお持ちください)


【会場】
イベントスペースdues 新宿
〒160-0022 新宿区新宿3-28-4 新宿三峰ビル4F(シネマ館すぐ上)


【参加方法】
下記のディスクユニオン対象店舗にて『映画(シネマ)よ憤怒の河を渉れ』をお買い上げのお客様に先着でイベント参加券を配布します。


【対象商品】
2018年11月23日発売 映画監督 佐藤純彌『映画(シネマ)よ憤怒の河を渉れ』3,024円(税込)


【対象店舗】
シネマ館 / ブックユニオン新宿(新宿中古館) / 神保町店 / 横浜西口店 / オンラインショップ


【お問い合わせ】
ディスクユニオンシネマ館 担当:平塚
TEL:03-3352-2703
平日11:00~21:00 日祝20:00まで
e-mail:ds6@diskunion.co.jp


【ご案内とお願い】
佐藤純彌監督ご本人は登壇されませんが佐藤東弥監督にお越しいただけることになりました。※11/28追記
・上記対象店舗以外は参加券をご用意しておりませんのでご了承ください。
・また対象店舗でも枚数に限りがございますのでお手数ですがお求め前にご確認いただけますようお願い致します。
・参加券は紛失/盗難/破損等、いかなる理由でも再発行は致しませんのでご注意下さい。
・開場時間前に会場口やビル入り口付近にお待ち頂く場合は他のお客様のご迷惑にならないようご協力をお願い致します。
・会場内にロッカー・クロークはございません。お手荷物は自己管理でお願いします。
・当日は公共交通機関でお越しください。会場までの交通費・宿泊費等はお客様のご負担となります。
・会場内外で発生した事故・盗難等は主催者・会場・出演者は一切責任を負いません。
・会場周辺での徹夜・座り込み集会等は、他のお客様のご迷惑となりますので禁止させていただきます。
・やむを得ない事情により予告無くイベント内容の変更・中止する場合もございます。
・場内全面禁煙となります。
・当店で販売したもの以外の飲食物の持ち込み/ご飲食は禁止です。
・係員の指示に従って頂けない場合、入場をお断りする場合もございます。

 




映画よ憤怒の河を渉れ / 映画監督 佐藤純彌

A5 / 472ページ+口絵16ページ / 並製
2018年11月発売
 3,024円(税込)

■1963年、軍隊組織悪を下級兵士の視点から描いた処女作『陸軍残酷物語』で監督デビューを果たし
続いて東映ヤクザ映画路線に否応なくのせられつつ、もがき苦しみながらも『実録私設警察』('73)などの問題作で気を吐き、名作の誉れ高いパニック超大作『新幹線大爆破』('75)を世に送りだす。
その後もさまざまな海外ロケにチャレンジし、実現不可能に思えるような問題を抱える超大作を静かにまとめ上げ、 世に送り出してきた監督の人生を振り返るロングインタビュー。
戦後昭和から平成に至る日本映画史の一部を解き明かす。まるで戦後の闇市のような混沌とした世界の中を、ひとりの映画監督はいかに真摯にくぐり抜け、生き延びていったのか?

■日本中を席巻した角川映画『人間の証明』『野生の証明』二部作。
中国で10億人の観客を動員した『君よ憤怒の河を渉れ』。
『敦煌』『空海』『北京原人Who are you?』など多くの大作・話題作の監督を務めてきたのが映画監督・佐藤純彌。 公開当時、観客に支持される一方で、こうした日本映画大作群を競って糾弾してきた映画ジャーナリズム。 しかし日本映画のメジャーシーンはその後、佐藤純彌的な映画が主流になっていった。

■キネマ旬報の人気連載をまとめた本書を筆頭に近年、再評価の機運が上昇し
旧作のブルーレイ化や特集上映が進んでいる映画監督の一人。
2018年「キネマ旬報」誌で映画ライター、関係者等が100名近く参加した「70年代日本映画ベスト10」という企画で 『新幹線大爆破』第3位に選出された(ちなみに1位は『太陽を盗んだ男』)。

[聞き手]
野村正昭(のむら・まさあき)
映画評論家。1954年、山口県出身。
東映洋画宣伝室で『セーラー服と機関銃』『魔界転生』『野獣死すべし』などの角川映画や、ジャッキー・チェン主演の香港映画の宣伝に携わった後、広告代理店勤務を経て、映画評論家に。キネマ旬報ベストテン、毎日映画コンクール、芸術選奨などの選考委員を務める。最近では『曽根中生自伝』や『まわり舞台の上で 荒木一郎』(ともに文遊社)でインタビュアーを務める。

増當竜也(ますとう・たつや)
映画文筆家。1964年、鹿児島県出身。
朝日ソノラマ、「キネマ旬報」編集部を経て、フリーの映画文筆業に。取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ)、『特撮映画美術監督 井上泰幸』(キネマ旬報社)など。また編集を担当したものに佐藤勝・著『300/40 その画・音・人』、田中文雄・著『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸とその時代』、『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/戦争映画大作戦』(すべてキネマ旬報社)などがある。現在「キネマ旬報」に国産アニメ映画すべてのレビューを目指す『戯画日誌』連載中。
https://twitter.com/shadowlands1993

トピックス

買取案内

映画DVD/Blu-ray/サントラCD 買取案内

TWITTER

プロフィール


※MAPをクリックすると拡大します。

〒160-0022
新宿区新宿3-31-4
TEL:03-3352-2703
E-MAIL:ds6@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

diskunion USED CD & DVD SHOP STORE
SHINJUKU 3-31-4 TOKYO


ブログ内検索

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
2 3 4 6 8
9 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

QRコード

アクセス解析

店舗在庫検索サービス

Copyright ©  -- ディスクユニオンシネマ館 映画 店舗 DVD BLU-RAY サウンドトラック  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /